読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

75歳のナンパ師

 

 

 「ハッピー・オーラ、ハッピー・エレガント、ハッピー・ナイスボディ。あなたとデートしたい、エッチしたい」。75歳の著者のオープナーだ。ほとんどがガンシカ、塩対応だが、「お付き合いをしてくれたら40万円あげるよ」とささやいて相手の表情が変わるのを確認したら、万札が挟めるように細工した特殊な名刺をブーメランで投げて反応を待つ。ハイスペックな美人専門で、それなりに結果を残しているらしい。

 金持ちがバカな遊びをしているように見えるけど、著者はとても純粋な人だ。戦後、鉄屑拾いのワープアから始めて、コンドームの訪問販売で起業。次に金融業に転身して成り上がった。なぜ頑張れたかというと美人とエッチしたかったからだ。稼いだお金は全て美人とエッチするための軍資金だと言い切り、今まで4000人に30億を使ったが後悔していないと断言する。女にしかお金を使わないから、稼いでいる割に住まいや食事は質素だというのも好感が持てる。

 商売の仕方はスト師に通じるものがある。足で稼ぐのだ。コンドームの訪問販売は当時、地域に一つしかないような薬局にしか置いておらず、当然ながらアマゾンなんかもなかったので、みんなこそこそ買いに行かざるをえなかった。そこで著者は各家庭をピンポンして回ることを思いつき、恥ずかしくて薬局に行けなかった奥様方にコンドームを売ってそれなりの財を成した。性欲を持てあました奥様方に誘われてセックスすることもあったらしいけど、ビジネスなので美人じゃなくても頑張って腰を振ったのだという。

 金融業に関しても、ティッシュ配りの女の子を大学でナンパして調達。大口の融資をお願いされて迷ったときは、自分で近隣の住民をピンポンして回って信用調査するという徹底ぶりだ。

 ナンパをしていて感じるのは、行動を起こさないと何も始まらないということだ。動けば動くほど結果がついてくる。週刊誌の死ぬまでセックス特集を読んでもんもんとしてるだけの老人にはなりたくないから、このぶっ飛んだおじいちゃんを励みに明日からも仕事、声掛け活動を頑張ろうと思った。

 ところで、このおじいちゃんはナンパ師なんだろうか。ストリートで声掛けをしているとはいえ、金をジャブジャブ使っているのでただの買春なのではないかとも思うけど、本人曰く、ソープやデリヘルと違って女にも選択の自由があるから買春ではないという。ナンパにどれだけお金をかけるかというのはクラスタ内でも意見が分かれると思う。エコナンという言葉もあるぐらいだし、いかにお金をかけずに即るかに重点を置く人は一定数いる。

 ナンパ師ってそもそもなんだろう。みんな他人に評価されるためにナンパを始めたわけじゃないし、楽しくセックスできたんであれば別にどっちでもいいのではないだろうか。ただ、人として美しいか、美しくないかというのはあって、俺はこのおじいちゃんは自分の欲望に素直で美しいと思う。

ストーカー考察

 Uで知り合った子がたちの悪いストーカーに家を特定されて帰れないというから、新しい家がみつかるまで一緒に住むことになった。以下、この子を同居人としよう。それからおよそ一カ月。初日にお互い酔った勢いでセックスして以降、まったく体の交わりがない。「生理前はおっぱいが痛む」「風邪気味で頭が痛い」「眠たいしそんな気分じゃない」などなど、いちゃつこうとすると拒まれ続け、ベッドの上で俺は無気力になってしまった。拒まれるのが怖くて手が出せない。ブスならどうでもいいけどタイプの子なのでつらく、自宅のトイレでオナニーをして気持ちを安らげている。なかなかみじめだ。

 性格が良く、ほっとけなさが半端ない同居人に俺はオンリーワン気味で、セックスレスなのが悲しく、どうやって気をひこうかとずっと考えていた。当初、かわいそうだしやりすぎなぐらいにかまってあげていて、むしろもう媚びてるんじゃないかみたいな状態だったので、しばらくしてちょっと引いてみた。やることは決まっている。ナンパだ。久しぶりに街に出て、あー、あの子抱けるわ。この子も抱けるわあと考えつつ声掛けをしていると、だんだん同居人の価値が薄まって、もう別にどうでもいいような気がして、しかし、いざ家に帰っていろいろ話しているとまだオンリーワン治ってないわと気付き、また街に出て。そんなこんなをくり返しているうち、ほぼ完治した。

 ストーカーはオンリーワン症候群をこじらせた末のモンスターだ。他に選択肢があればひとりの子に執着なんかしなくていい。好きな子にキモいやつ扱いされ、挙げ句の果てに逮捕されて人生棒にふるなんて最悪だ。それだったら他に好きな子をみつければいいのに。

 特定の誰かに執着しても相手から嫌われない場合もある。ラブラブなカップルなんかそうだろう。相思相愛だ。で、いつか片方の気持ちが離れて、もう一方が納得できればいいけど、あきらめきれないで自分勝手に好意を寄せ続けるとストーカーに化ける。知り合いの警察官によると、ストーカー被害の大半はこういうケースだ。

 同居人の場合は珍しいケースで、関係の浅い人からストーキングされることが多いらしい。これまでも毎朝電車が一緒で顔だけ知ってるおっさんとか、バイト先のコンビニの常連のおっさんなんかがストーカーになったそうで、今回のストーカーの正体が判明したとき「もう誰も信じられない」と泣いていた。近所のカフェで顔見知りになったおっさんらしい。曰く、常に笑顔で愛想良くを信条に生きているから誰とでも仲良くなれるけど、勘違いした男を引き寄せてしまうのではないかと分析していた。たしかにこの子よりもかわいい、きれいな子はいるけど、みんながみんな通り魔的なストーカーに遭っているわけではないし、本人の言動に一部の男を引き寄せる何かがあるんだろう。

 ミナミを歩く強めのギャルみたいにツンケンしていればストーカーにエンカウントする率は下がるのかもしれないけど、どうなんだろう。しょうもない勘違いバカのために生き方を変えないといけないなんて俺なら絶対にいやだな。なんでそんなバカに合わせないといけないんだよ。死ねよ。

 とりとめもなく書き散らしてしまった。これからだんだん暖かくなって街に出やすくなる。バカなストーカーを尻目に女を取っかえ引っかえする春を送ろう。

負け癖

 某日、というか昨日、アポ負けしすぎて病んだ感じでUへイン。実際にインフルからの病み上がりでしんどく、暗い表情で声掛けを続けるもまったく刺さらず、寒いし冷えるので何度もトイレに行って最悪の気分の中、某すご腕とすれ違って雑談。相変わらずアポに勝てないんですと話していると、なんで勝ちにこだわるんだとそもそも論をぶたれる。なんのためにナンパしてるんだっけと聞かれて口ごもっていると、彼女を探してるんであれば今のスタイルでいいし、数を追いたいんだったら今のど誠実なスタイルを変えるべきだと言われた。もっともだ。俺は中途半端なのだ。
 女をとっかえひっかえしたいという欲望は、少なくともナンパを始める前には薄くて、ツイッターのナンパクラスタに片足をつっこんでから強まった。元もとからあった欲望ではない。他人の欲望が、いつの間にか自分の欲望になってしまった。仲間の即報はうれしいし、奮起させられるけど、変に比べてしまって病んでいる今の俺は滑稽だ。でも、やっぱり数にはこだわりたい。いつの間にかナンパに深く依存してしまった。インフルで寝込んでいるとき、夢の中でナンパをして、即報を打っていた。病気だ。
 話を元に戻す。某すご腕にアポ時にどんな話をしているかを説明していると、相手と一緒にいて自分が楽しんでいるということが相手にちゃんと伝わっていないんじゃないかと指摘された。確かに。なぜあなたに声を掛けたのか。声を掛けて正解だった。すごく楽しいと伝えることを、俺は今まであまり意識していなかった。あとはなんだろう。いろいろ話したけど寒すぎて忘れてしまった。
 小一時間話し込んで解散。某ゾーンで何人か声を掛けているうち、飲み会帰りのショップ店員を連れ出し。一杯だけ飲もうと誘って、飲みすぎたから無理と断られ、じゃあお茶飲めばいいやんでカラオケイン。
 まずは場を温めようと、雑談から雑談、雑談、そして雑談。あ、もうそろそろ終電やし、早くギラつかないと駄目だなあと思いつつ、ある共通点があって親近感を覚えたのと、年の離れた妹と同い年だったり、地元から一人で関西にやってきて健気に頑張ってたりする話を聞いて、なんとなく手が出すことに罪悪感を覚えてひたすら雑談。たまに色恋の話もしてお兄ちゃんみたいになっていた。
 その後、終電を逃させることには成功したので、とにかく時間をかけて和んで、後で男らしく誘おうとしたけど、3回目の延長をしようとしたとき「友だちの家に泊まるからもう帰る」。
 「今日声を掛けて、短い時間やけど一緒にいて楽しかったし、もっとお前のことが知りたい」みたいなことを言ったけど「もう友だちに行くと言っちゃった」で断られた。よくあるやつ。途中、相手の酔いがさめて、なんとなくよそよそしくなっていくような感じもしていた。早めにギラつくべきやったんだろうか。そもそも相手を楽しませることができなかったというのもあると思う。
 手を出すのは悪いなというのも自分本位だ。相手がなぜ俺についてきて、いきなりカラオケにぶち込まれて嫌な顔をしていなかったのか。よく考えないといけない。オチはない。マイペースにやります。

自己紹介

2016年8月にナンパを始めたアラサーのストリートファイター。大阪が主戦場です。たまにクラブ、バーにも出没します。パンスト関連の会社で営業してます。非モテのブサメンです。

 

社会人になって風俗にはまり、給料の大半をつぎこみましたが、お金を払わないと女に相手してもらえないなんてみじめだと病んでやめました。以降、何人か好きになって付き合ったり、付き合わなかったりする中でナンパに出会いました。

 

きっかけはナンパ講習です。長期休みにやることがなく、話のネタとして冷やかし半分で受けたのですが、なかなかのスパルタで、女に対する考え方から服装まで厳しく指摘されて価値観が揺らぎました。

 

場違いなことをしているんじゃないかという不安でめまいがして、胃がきりきりと痛む中、声を掛けまくりました。おれは一体何をしているんだろう。そんなことを考えつつ、ふたを開けると2人連れ出し。

 

「あれ?こんなに簡単にいくもんなんや。でもさすがに偶然やろ」

 

数日後、OLをヨネスケ即して疑問が確信に変わりました。やればいけるんや。でも、なぜいけるのか、逆にいけると思ったのにいけなかったケースもあって、よく分からない。女心を解くことと、ナンパで100ゲットが目標です。

 

合流大歓迎です。みなさん一緒にナンパを楽しみましょう。ツイッターアカウントpantyhose_puaに気軽にDMください^^